トルコの世界遺産ギョレメ国立公園

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群について簡単に紹介していきたいと思います。
トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群というのはどこにあるのかというと、トルコの中部に当たるネヴシェヒール地方と呼ばれる場所のアナトリア高原にあります。
トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群はどのようにしてできたのかというと、エルジェス山、ハサンダウ山が噴火して灰石が風化したり侵食したりを何度も何度も繰り返した結果できたといわれています。
トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群という場所には、4世紀ごろに、ローマ帝国から迫害されることを逃れたキリスト教の信者たちが横穴式に掘って行って、その数360もある岩の修道院や教会を作ったことでも知られています。
トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群はトルコの世界遺産の中でも人気のあるスポットになっていて、この場所には聖堂も多数あり、聖堂の中には、とても色鮮やかなフレスコ画と呼ばれるビザンチン様式の壁画も残されていて、それも見ものです。
トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群の地域には、オオカミやキツネといって野生の動物が生息していますし、100種類以上の植物も生えていることからトルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群地域はとても貴重な動植物の生息地としても知られている場所です。

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園関連ページ

トルコの世界遺産イスタンブール世界地域