モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街

モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街についての紹介です。
モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街というのはどこにあるのかというと、モロッコ王国の真ん中にあるマラケシュという場所にあります。
このマラケシュという名前はベルベル語では神様の国を表している言葉です。
モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街はモロッコの中ではカサブランカの次に古い町として知られています。
モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の広さですが、2キロ×3キロのそれほど広くもない城壁で囲んである街と西の方に広い新しい街の二つから成り立っている町です。
モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街へ行ってみればわかるのですが、とても狭い路地のような場所に迷路のように色々な建物が立ち並んでいるのですが、どれも歴史的に有名な建造物ばかりです。
世界遺産に登録されたこの建物が並ぶモロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街の中にあるジャマエルフナ広場は昔から栄えた場所で、今も屋台が立ち並んだり、大道芸人たちが毎日色々な芸を披露していますから自然とその場所はにぎわっています。
モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街はこの雰囲気を残しているこの場所自体を世界遺産として認定しています。
モロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街へ行く日本人も多いことからツアーなども用意されていますが、その広場の人の多さやにぎわいに驚く人も多いでしょう。
その雰囲気、空間自体がモロッコ王国の世界遺産マラケシ旧市街なのです。