日本の世界遺産白神山地の魅力を訪ねる旅

日本の世界遺産白神山地の魅力を訪ねる旅

1993年に姫路城や屋久島などとともに世界遺産に登録された白神山地。
青森県と秋田県にまたがって広がるブナの原生林で、世界遺産の中でも自然遺産の部類に入ります。
同様の世界遺産、屋久島は生息している植物の多様さが世界遺産認定の理由の一つとなっていますが、白神山地はブナ一色。
カツラ、ハリギリ、アサダなども見られますが、遠目からはブロッコリーのようなこんもりとした原生林が広がるばかりです。
しかし、このことこそが白神山地を世界遺産に押し上げた第一乗理由。
手付かずの原生林がただ広がっている、ということは世界的にとても珍しいのです。
白神山地は他の世界遺産のようににぎやかな観光地でありませんが、それでも無骨な自然を肌で感じることができるため、多くの愛好家がいます。
眼前に迫るしぶきをその肌に感じられる「暗門滝」。
頂上からは世界遺産である白神山地の全貌が楽しめる「二ツ森」。
遊歩道が整備され、ニッコウキスゲも楽しめる「岳岱自然観察教育林」。
クマゲラ、イヌワシ、クマタカなどの鳥類に加え、カモシカやニホンザル、ツキノワグマも生息しています。
2004年に鳥獣保護区に指定されるまではマタギの姿もあったそうですよ。
周辺にはロッジやキャビン、キャンプ場などが整備されてきている所も。
北欧をイメージした「サンタランド白神」では、トナカイのステーキを味わうことができます。
世界遺産、白神山地は家族でのお出かけにもぴったりではないでしょうか。