日本の世界遺産知床の魅力を訪ねる旅

日本の世界遺産知床の魅力を訪ねる旅

北海道東部、オホーツク海に面した知床半島とその周辺地域は2005年、世界遺産に登録されています。
知床が世界遺産となった決め手は食物連鎖。
冬に流氷が接岸することで大量のプランクトンがもたらされ、サケを初めとする多くの魚介類が誕生。
秋になるとそのサケは知床を流れる川を遡上し、ヒグマなどに食べられます。
そしてその排泄物が土に返り、植物の栄養となるのです。
このような食物連鎖が見られる所は世界的にも貴重なため、世界遺産に登録されました。
世界遺産の対象となった自然を保護するために、知床にはさまざまな制限や計画があります。
その中で観光客が直接関係しているのは、キタキツネやエゾシカへの餌付け禁止。
可愛いからといってむやみにエサをあげてはいけませんよ。
知床が世界遺産となったことで、北海道ツアーにも変化が現れています。
富良野や阿寒湖、旭山動物園などの観光ツアーに、知床が組み込まれることが増えているのです。
もともと知床は観光業は盛んではありませんから、他の観光地に比べると物足りなく感じるかもしれませんが、先ほど説明した食物連鎖を思いながら川や海を眺めれば、また違った感慨があるでしょう。
世界遺産周辺には「オシンコシンの滝」「知床五湖」「夕陽台」など名所があるので、世界遺産と合わせて楽しむといいですよ。
知床にはリゾートホテルがたくさんあるので、宿の心配はしなくても大丈夫。
バスやレンタカーでのんびりと知床を見て回ってはいかがでしょうか。