フランスの世界遺産モン・サン・ミシェルとその湾

フランスの世界遺産モン・サン・ミシェルとその湾

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾についてですが、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾というのは、どこにあるのかというと、北西部にあるノルマンディー地方という場所にあります。
とても広い範囲にわたる干潟になっていて、その中に突然あらわれたとても高い塔をもっている修道院と、その周りには所狭しと建っている建物があり、これは海上のピラミッドという名前も付けられているくらいのとても特徴ある光景になっています。
フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾はとても長い名前ですが、この建物もその周りの湾も含めて世界遺産として決められています。
毎年二回、春と秋のシーズンにはフランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の干潟が海に沈むといわれ、その海に沈んだ光景というのはそれまた素晴らしい絶景といわれています。
フランスの世界遺産モンサンミシェルは、天使ミカエルが舞いおりた島ともいわれていて、奇跡の島という名前も付けられているほどの場所で、中世時代から今にわたって、たくさんの巡礼者も来たといわれています。
フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の素晴らしさは、そこに行って実際に見た人しかわからないと思いますが、フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾は、自然と建物の絶妙な光景を目の当たりにできるとても素晴らしい場所として今も多くの人が毎年訪れています。
フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾の魅力は一言で語りつくせません。

フランスの世界遺産モン・サン・ミシェルとその湾関連ページ

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂