フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿はフランスの世界遺産の中でもとても長い名前として知られているのですが、フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿のまずはランスのノートルダム宮殿ですが、こちらはゴシック様式のとても素敵な大聖堂で見る人の目を楽しませてくれるとても大きな世界遺産です。
そしてフランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の中のサン=レミ聖堂というのは1000年ごろに建てられたといわれているバシリカ式の教会堂です。
フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の最後はトー宮殿ですが、こちらは1498年から1509年ごろに建てられた、大司教のための家で、今は国立博物館として利用されているといわれています。
フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿はフランスの世界遺産の中でも人気のあるスポットで、フランスの世界遺産を見たいと思っている人の多くが、フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物を見るために世界中から訪れていると思います。
フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿の三つの建物それぞれがとても趣のある建物で当時の様式などを十分楽しむことができる世界遺産になっています。
私もフランスの世界遺産ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿を見てみたいです。

フランスの世界遺産ノートルダム大聖堂関連ページ

フランスの世界遺産モン・サン・ミシェルとその湾