アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバ

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバ

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバについて紹介していきたいと思います。
アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバというのは1992年に世界遺産として登録されましたが、その光景を見たことがありますか?私もアルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバへは実際には行ったことがありませんから、インターネットでアルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバの写真を見ただけなのですが、とても素敵な町並みです。
アルジェの昔の市街というのは19世紀にはフランスの植民地になっていました。
アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバにつけられているカスバというのは何かというと、アラビア語で要塞という意味があります。
アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバはその要塞のことを意味しているのですが、少し廃墟となりつつもあやしい、そして魅力ある雰囲気が世界中の人々を魅了しています。
アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバはもともと16世紀には海賊がこの町を侵略したことからとても着飾った街として知られていたのですが、その後フランスに植民地にされてからは、アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバの面影はそのままながらも町はフランスの感じに変えられてしまったんだそうです。
アルジェリア民主人民共和国の世界遺産アルジェのカスバは今も人々が住んでいますが、年々減っているといわれています。