アメリカの世界遺産グランドキャニオン国立公園

アメリカの世界遺産グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン (:Grand Canyon) はアメリカ合衆国アリゾナ州北部にある峡谷で、コロラド高原がコロラド川の侵食作用によって削り出された景観であり、地球の歴史が刻まれています。
1919年2月26日に国立公園に指定され、1979年には世界遺産に登録されました。
世界遺産(せかいいさん)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指します(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)。
グランドキャニオン渓谷はノースリム(北壁)とサウスリム(南壁)に分かれ、渓谷の最大幅は30キロメートル、深さ1600メートルに達するところもあります。
グランドキャニオンは、大地の隆起、川の侵食作用、寒暖の差や風雨がもたらす風化作用など、大自然の働きによって、花崗岩や砂岩、石灰岩などさまざまな地層があらわになった断崖や残丘が複雑に重なり合う姿は、まさに大自然の芸術そのものです。
点在する展望台から雄大な景観を目の当たりにすることができます。
また、空からの遊覧飛行で、さらにそのスケールの大きさを実感することができます。
グランドキャニオン遊覧飛行ツアーは、感謝祭(11月第4週木曜日)、クリスマス、大晦日を除く毎日行なわれていて、所要時間は約4時間。
料金は大人$174/子供$149が、一例として現在の相場の参考にして下さい。

アメリカの世界遺産グランドキャニオン国立公園関連ページ

アメリカの世界遺産ヨセミテ国立公園